オンラインブランド保護サービス

Eコマースの拡大に伴い、インターネット上のブランド侵害が急増しています。ドメインネームからアプリストア、ファイル共有サイトからソーシャルメディア・プラットフォームまで、幾度となく、詐欺被害を受けることもあります。

弊社は、以下の広範な調査とモニタリングサービスを通して、インターネット上のインテグリティおよび御社顧客からの信頼を維持できるようサポートします。

  • ブランド・モニタリング
  • グローバル・ブランド・プロテクション

  • 紛争手続きおよび管理

  • ドメインの取得

  • 訴訟サポート

  • ポリシーおよびガバナンス

  • トレードマーク・クリアリングハウス(Trademark Clearing House: TMCH)

  • 調査

  • 新規ブランドの立ち上げ

 

コスト効率が高く、信頼性のある効果的なオンライン実施計画のご提供により、世界的に有名なブランドで弊社サービスをご利用いただいております。

また、魅力的な価値提案と、弊社独自のアプローチにより達成される安定した高い成果から、弊社が選ばれています。

弊社の役割は、包括的でニーズに合った高度な実施プログラムの具体化において、社内担当者のサポートをすることです。

それは過程全体を通した弊社の姿勢として、お客様と協力して行うブランド・ウォッチングから始まります。

弊社のレポートでは、単に大量のデータを流すのではなく、お客様が関連事項のみ検討し、必要に応じて行動するだけで済むようなインテリジェンスを取り入れています。

それぞれの場合は独特であり、また、弊社独自の代替的なリキャプチャ戦略などの利用可能な救済措置も同様です。

弊社のブランド保護は、高度な資格を持つ経験者を採用することで、従来の専門企業のオーバーヘッドを生むことなくコスト効率を達成しますので、経済的な費用に関し、お客様の望まれる結果を確実に得ることが可能です。

ブランド・モニタリング

弊社のブランド・ウォッチング・サービスでは、潜在的に侵害する可能性のあるドメインネームを特定し、具体的なブランドの識別名を含め、報告します。識別のローリング・プログラムでは、お客様のオンラインプレゼンスに影響する第三者の行動をモニタリングし、取り締まることを可能にします。

弊社のシステムは、脅威の規模のかかわらず、ドメインが10であっても10,000であっても、特定された悪用のレベルにより決定づけられる要件を満たすよう調節することができます。

弊社は、独自の合理的な方法論を用いて考察しながら、ドメインネーム空間の包括的な理解を維持し、最高の情報源からデータを引き出します。

報告と対応

ブランド・ウォッチングの結果は、様々な方法で、様々な頻度によって報告され、可能性のある方針および対応に関しては、合理的な推奨事項を含めて報告します。

ブランド・ウォッチングは、オンラインモニタリング、正式な停止を求める文書の発行、そして最終的な紛争手続き申請に繋がる調査結果を含め、弊社の幅広いブランド保護サービスと連携させ、有効活用することで進めていきます。

グローバル・ブランド・プロテクション

弊社のオンラインブランド保護モニタリングツールであるホライズンは、御社のブランドを標的にし、侵害する恐れのあるドメインネームを特定し、優先順位を付け、報告し、管理します。

広範囲なグローバルブランドに対応し、局所領域のマイクロキャンペーンから侵害的なドメインネームの取締りおよび管理まで、あらゆることを把握する十分な柔軟性を備えています。

ホライズンは1日あたり3億2千万個のドメインネーム空間のサンプルをスキャンし、その独自のランキング法により、御社チームが、ご自身のブランドに対する本当に重要な脅威にのみ注力することを可能にし、時間とコストを節約します。

ホライズンは、状況に合わせたアルゴリズムに応じて調査結果の優先順位を付け、その結果を、安全で直観的な案件管理共同システム内で報告します。

ホライズンは、実用的でコスト効率の高い、お客様の権利に合わせてカスタマイズした保護を提供するために、徹底的に設計されています。

 

紛争手続き

ドメインネーム空間では、あらゆる理由で紛争が生じます。典型的な好機を狙ったサイバースクワッティングから、過去または現在の販売店、元従業員、詐欺師や偽造者、ファンおよび抗議者との紛争に至るまで、どの案件も特有の課題に対応していかなければなりません。

見込みの検討

何らかの措置を取り始める前に、成功の見通しを検討し、お客様に合った回復に向けた戦略の策定のお手伝いをします。どの紛争も状況は異なりますので、ファンとの商品交換という簡単なものから包括的な訴訟手続きまで、様々な方法で解決することになります。

可能であれば、登録者との実務的な交渉を通じて紛争解決することを目指します。ドメインネーム業界に関する深い知識から、知的で慎重な話し合いを介して紛争解決に取り組んできた18年以上の経験があります。

 

弊社の専門知識

Andrew Lothian, 翻訳必要なし

  • 世界知的所有権機関(the World Intellectual Property Organization:WIPO)が管理する統一ドメイン名紛争処理方針(Uniform Domain Name Dispute Resolution Policy:UDRP)のパネリスト
  • ノミネットの紛争解決サービスの専門家
  • チェコ共和国の仲裁裁判所が管理する「.eu」の裁判外紛争解決手続(Alternative Dispute Resolution:ADR)のパネリスト

  • 新gTLDの法的権利に基づく申し立て(Legal Rights Objection)のパネリスト

  • 一つのドメインネームに関し提示されるスコットランドの第一商事裁判所の法的措置

Tim Brown, 翻訳必要なし

  • ノミネットの紛争解決サービスの専門家
  • ノミネットの「.uk」ポリシー・ステークホルダー委員会(Policy Stakeholder Committee)の元メンバー
  • 独自の技術的背景 

    弊社は、ドメインネームに関わる訴訟において、比類ない幅広い経験と専門知識を構築しており、効果的かつ慎重なオンライン実施計画において、社内ブランド担当者、企業法律顧問および商標弁理士を理想的にサポートします。

We use cookies on this site to enhance your user experience. By clicking any link on this page you are giving your consent for us to set cookies.

OKNo; give me more information