News

July 11, 2018

「.ελ」の登録

「.ελ」の登録

先週、ギリシャのドメイン「.gr」のレジストリであるThe Hellenic Telecommunications and Post Commission (EETT)は、2018年7月10日よりギリシャ語の「.ελ」を開始すると発表しました。

「.ελ」の登録は誰でも可能でありますが、登録希望をするドメインが「.gr」または「.com.gr」で登録されていないものに限られます。

「.ελ」登録開始より3か月間、既に「.gr」ドメインの登録者に限り、同一ドメインまたは同形異義語(homograph)ドメインの登録が出来ます。つまり「domain.gr」を登録している場合、同意同一ドメインとなる「domain.ελ」、またはギリシャ語でdomainを意味する「ντομαιν.ελ」の登録が可能です。

最初の3か月間ですが、「.com.gr」は登録されているが「.gr」が未登録の場合、「.com.gr」の登録者に、「.ελ」で同一文字列ドメインの登録ができます。「.gr」と「.com.gr」で同一文字列ドメインが登録されているが、登録者が異なる場合には、「.gr」の登録者に「.ελ」での登録優先権が発生します。また、異なる登録者が同意語の「ギリシャ語.gr」を登録している場合ですが、同一文字列での「.ελ」の登録権限は発生しません。
「.ελ」の登録開始より3か月が過ぎた2018年10月10日からは、「.ελ」ドメインの登録は「早い者勝ち(first-come, first-served)」となります。

当該ドメインは2年登録となります。レジストリフィー、弊社手数料の他、必要に応じてVATも発生致します(現在レジストリフィーを確認中です)。

ファーストレベル「.pa」の登録

パナマのccTLDのレジストリであるNIC-Panamáは、ファーストレベル「.pa」の登録要件を変更したと発表しました。

セカンドレベル「.com.pa」「.net.pa」「.org.pa」で登録する者に、同一文字列のトップレベル「.pa」を登録する優先権が発生します。変更された登録要件は、セカンドレベルの登録時期に関係なく、ファーストレベル「.pa」の優先権が発生する点です。以前は、2014年1月31日以前に登録されたセカンドレベルの登録者に、ファーストレベル「.pa」の登録優先権が発生しましたが、要件変更によりセカンドレベルの登録時期の規定が無くなるものです。

トップレベル「.pa」で優先登録出来る文字列は、セカンドレベル(.com.pa等)と同一文字列に限定されます。複数のセカンドレベル(.com.pa等)が異なる登録者により登録されている場合、初期登録日に遡り、最初に登録されたセカンドレベルの登録者に優先権が発生します。

その他ご質問等ございましたらadmin@comlaude.com、またはCom Laude株式会社(日本法人)の村上嘉隆(yoshi.murakami@comlaude.com)まで直接ご連絡を下さい。

We use cookies on this site to enhance your user experience. By clicking any link on this page you are giving your consent for us to set cookies.

No; give me more information